忍者ブログ

意味を知る事で変わる、映画『アメイジング・グレイス』

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

意味を知る事で変わる、映画『アメイジング・グレイス』




◆公開年:イギリス
◆製作国:2007年(日本では2011年)



誰もが知っている『アメイジング・グレイス』。賛美歌として有名です。

とても美しい曲ですが、実は懺悔の歌でもあります。
18世紀、イギリスで行われていた『奴隷貿易』に関わったジョン・ニュートンと言う男性が、それを後悔し、それと共にこんな自分に許しを与えた神への感謝として作った歌なのです。

そしてこの映画はその『奴隷貿易』の廃止のために人生をかけた男性の半生を描いた物語となっています。
何故この歌が生まれたのか、この映画を観る事でよりその真意に近付く事ができ、曲に対する気持ちも変わりました。
ストーリーではもちろんジョン・ニュートンも登場し、奴隷貿易の廃止を無事見届けました。



話は変わって、当時の首相ウィリアム・ピット役のベネディクト・カンバーバッチは最近話題になっている役者さんなのですね。
今日本屋に行った所、雑誌で表紙を飾っていたのでびっくりしてしまいました。
彼の出ていた『SHERLOCK』を観てみたいです。

 
<<他の記事を読んでみる>>

コメント

About



ここは管理人Yukiの好きな物をキロクしていくブログです。
インテリア・アロマ・ファッション・デザイン・本等々。

このサイトについて






◇スキなモノ販売店(amazon)

New Article

Search

Counter