忍者ブログ

デスパレートな妻たち シーズン3/第7話&第9話感想

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

デスパレートな妻たち シーズン3/第7話&第9話感想


ここ2週間、動画サイト『Hulu』『デスパレートな妻たち』を観続けています。

GWなどもありついつい一気観してしまい、計50話くらい観たのかな・・・すごい、早い、2週間があっと言う間でした。

本当は2週間のお試し無料期間だけ、と思っていたのですが、このままHulu登録してしまおうかと思います。
だってHuluだとシーズン6まであるんですよ。
まだ半分も観終わってないんですよ。
しかし本来はシーズン8までなのに、何で6までしか無いんだろう。
残りはレンタルか。



【さて第7話感想】
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------   
何だかちょっと観るの疲れてきたなぁ・・・マイクもイーディと付き合ってるし・・・と思ったところでこの展開。
内容はダークですが、時間を遡っていくストーリー展開が面白かったです。
30分あたりまで観て、思わず最初に戻って観直しちゃいました。
最初に挨拶していたのはスーザンで、途中にいたのはリネットだったのですね。

緊迫した事件現場、と、一方その頃自宅破壊に勤しんでいるソリス家
同じく浮気が原因の離婚なのに、こっちは言いたい放題やりたい放題、『コイツ等和むわ(笑)』と思わず笑ってしまいました。
まぁキャロリンに比べて結婚年数が違うし若いと言うのもあるけれど、あぁも思うが侭にできるのは良いですね。
その後ガブリエルは『私すごく陰険な女になってたわ』って反省してましたが。

 とりあえずリネットとジュリーが無事で良かったです。
ノーラはちょっと苦手キャラだったので、これでスカーボ家が安泰ならば、と正直思ってしまいます。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------    


【そして第9話感想】
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------    
このドラマは面白いけれど、何だか物足りなさを感じる、何だろう、と思っていたのですが、最近ふと気付いたのが『男同士の友情』が無いと言うことです。
妻同士は仲が良いのに旦那同士のコミュニケーションがあまり無い。
せっかく皆キャラが濃いのに。
と、そんな時にマイク・カルロス・トム3人の会話シーンが!
何だか妻(恋人)の前とは違う3人の素が見れた感じでちょっと面白かったです。
カルロスの『俺達親友だったろ』を信じた上に家賃と光熱費折半の言葉に目を光らせたマイクが本当に前とは違って可愛らしく見えます(笑)

それともう一つの笑いポイントは、リネットが向かいの家の住人を疑うあまり心配したトムが『誰かに相談してみたら?専門家とか』と声をかけたのに対し『そうね、誰かに相談してみる』と言って相談したのがマクラスキーさんだったところです。
てっきりカウンセラーに行くのかと思ったので不意打ちでした(笑)
最近マクラスキーさんの株が私の中で上がってきています。
かっこよくて頼りになる。あんなご近所さんいたら楽しいし頼もしいな。
ついでにイーディーとマイクの事もどうにかしてしまってくれと思います。

メインキャラのような人物もばっさり殺してしまうドラマですが、マクラスキーさんは最後まで生き残って欲しいものです。


そして今回のスーザン、何かスーザンてもう少し考えて行動しようよって思ってしまう・・・。
積極的なのは良いけれど、全部自分本位で自分のためなんだもの。
召使が妻を慕っているのはあたりまえで、そこは尊重すべきなのでは。
堂々としていると言うよりは何だか状況が分かっていないと言う感じなんですよね。
あれが20歳前後ならば無茶をしながら大人になっていくんだろうなと見れるけど、もうそんな年では無いし。
(スーザン好きの方がいたらすいません)
しかしジュリーに見せる母親としての顔は、唯一好きな面です。
と、正直嫌いなキャラになりつつありますが、そんな演技ができるテリー・ハッチャーはすごいなと思います(笑)
そして好きじゃないにしてもあんな形でマイクをイーディーに取られるのは嫌です。
早くマイクのとこに戻れ!(>_<;)


そんな中、一番好きなキャラはブリーです。
最初はロボットのような女性だな・・・と思っていたのですが、その完璧さの間で垣間見せる人間らしさ、愛らしさがたまりません。
家族がピンチの時には颯爽と銃で応戦、頼りになる母です。
それとふと見せる悲しげな顔が、何だか可愛らしくて好きです。
笑顔や時折見せる冷徹な表情とは違って愛らしさを感じます。
何でかな、と思ったのですが、猫っぽく見えるのかもしれません、ブリーを演じるマーシャ・クロスって。

そして次に好きなのがガブリエルです。
あの自分勝手さが見ていてスカッとするんですね。
近くにいたら、ちょっと怖いかもしれません(笑)

また、ストーリーとは関係ないのですが、オーソンの母グロリアを演じるディクシー・カーターの演技が好きです。
今回の最後のあたりで笑いながらオーソンの本性を語り出したシーンとか、声も良いんですかね。
髪型で分かりづらいですが綺麗な方だと思います。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------    

そういえば、シーズン1の謎だったヤング家は今後どうなるのでしょう。
闇落ちしてしまったザック、警察に捕まったまま息子に見捨てられたポール家はとっくに売れている
私的には祖父の遺産を受け継ぎ悪の帝王と化したザックが金に物を言わせジュリーを迎えにくるのではと思っているのですが、
家はとっくに売れてるし
もう出てこないんでしょうか。
そんなわけ無いですよね。
フェリシアも山篭りから戻ってくるはず。

あれもこれもたくさん詰め込まれているのに、分かりやすく愉快なストーリー。
本当にすごいドラマだなと思ってしまいます。

さて、すっかり長くなってしまいましたが、また印象に残った話の時は色々と感想を書きたいと思います。
<<他の記事を読んでみる>>

コメント

About



ここは管理人Yukiの好きな物をキロクしていくブログです。
インテリア・アロマ・ファッション・デザイン・本等々。

このサイトについて

New Article

Search

Counter