忍者ブログ

1960年代のスパイ映画、『リオの嵐』

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

1960年代のスパイ映画、『リオの嵐』



連日でGyao!で視聴した番組のお話です。



今度は『リオの嵐』と言う映画を観ました。
1966年に公開されたスパイ映画で、今の『CIA』の前身と言われる情報機関『OSS』の局員である主人公ユベールが南米各地で起った謎の爆発事件を究明する為、リオに飛ぶ、と言うお話です。
そしてそこで出会った美女、アンナ・マリアと恋に落ちる・・・と言うお話ですが、あくまでお話をその爆発事件の裏に隠れている秘密組織を見つけ出すこと。
その過程でマリアを巻き込んでしまい・・・と言う具合でストーリーは進んでいきます。

スパイ映画なのでアクションもあります。60年代と言う事もあり派手なアクションではありませんが、テンポ良く綺麗な動きで進んでいくなぁとつい見入ってしまいます。
何と言うか、どのシーンもアングルが綺麗なのですよね。
何とも上手く言葉で説明できないのですが、本当に上手く画面に収まっている、と感じました。

そして、この主人公ユベールを演じるフレデリック・スタフォード氏がまるでサンダーバードに出てきそうなお顔立ちで、そのせいもあってか画面とても引き締まるのだと思います。
色々検索してみても日本ではあまり知られていないようで情報は限られているのが残念ですが・・・。
どうやら1928年生まれの方で、そして1979年にはお亡くなりになられたようです。

他にもフレデリック氏の映画を色々観てみようかな、と思います。



<<他の記事を読んでみる>>

コメント

About



ここは管理人Yukiの好きな物をキロクしていくブログです。
インテリア・アロマ・ファッション・デザイン・本等々。

このサイトについて






◇スキなモノ販売店(amazon)

New Article

Search

Counter