忍者ブログ

色とりどりな人間模様を描く英ドラマ、『ホテル・バビロン』

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

色とりどりな人間模様を描く英ドラマ、『ホテル・バビロン』



最近 はもっぱらGyao!で映画やドラマを観ています。
以前は知らないドラマや映画ばかりだし・・・と正直あまり観る気はしなかったのですが、面白い物は探せばたくさんある物、と実感しています
今までもったいない事をしていたなぁ。


そんなこんなで今日のドラマ感想は『ホテル・バビロン』
イギリスのドラマで、2009年に放送されていたものです。
最初は何となく観始めたのですが、思った以上にストーリーが面白い!

主人公はイギリスの五つ星ホテル『バビロン』の支配人代理、チャーリー
彼とホテルの個性的な従業員達、そして宿泊客との人間味溢れるドラマとなっています。
客も、従業員も、代理人チャーリーも、そして支配人自身も、それぞれが事情を持って生きている。

毎日のように起こるホテルでの問題をあの手この手を使って何とか解決(?)していくチャーリー達。
とは言っても彼も正義の味方と言うわけでは無く、利益の為に手段を選ばない事もしばしば。
もちろん他のスタッフ達だってそれぞれ、利益・品性・人情・・・何か信念を持ち、それを貫こうとして生きています。
面白い・面白くない、と言うだけでなく(もちろん私は面白いと思うのですが)、仕事に対する信念・姿勢と言う面でも色々と考えさせられるドラマです。


そしてこれを観ていると、最高のホテルで最高のおもてなしを受けたい・・・!
と思ってしまいます。
春になったら、どこかに贅沢旅行にでも行こうかなぁ。

Gyao! での配信は期間限定、すでに何話か配信終了していますが、途中からでも楽しめる内容だと思いますので興味のある方は是非!




<<他の記事を読んでみる>>

コメント

About



ここは管理人Yukiの好きな物をキロクしていくブログです。
インテリア・アロマ・ファッション・デザイン・本等々。

このサイトについて

New Article

Search

Counter