忍者ブログ

誇り高き戦士達『ホテル・バビロン2』第2話感想

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

誇り高き戦士達『ホテル・バビロン2』第2話感想



最近Gyao!でのドラマ・映画視聴が楽しくってなりません。
掘り出し物がたくさんです。


以前にも感想を書いた『ホテル・バビロン』、Gyao!でシーズン2の無料放送が始まりました。



【シーズン1からの変化】
シーズン2からは装いも新たに、シーズン1では赤だったテーマカラーが紫となったようです。
赤も好きでしたが、紫もまたミステリアスさが増して好きです。

また、レビューでも何度か書かれていたのですが、1では正直『これが5つ星?』と思ってしまうようなホテルでしたが(よく分かりませんが3つ星くらい?)、2からはホテルの内装はもちろん、キャスト全体もテコ入れしたようで大分雰囲気が良くなったように思います。





【一番変わったこの二人】
ホテルスタッフの中で何より一番変わったのはコンシェルジュのトニーと客室係のジャッキー!
この二人の髪型が、正直1から気になっていました。

トニーに関しては役者さんご本人も気にしていたそうです(笑)
表情・仕草などは凛々しくて好きだったので、髪型変更でよりその凛々しさが増し嬉しいです。

そしてジャッキー、頼れる姉御肌と言う感じで好きな人物ですが、少しクセのある髪の毛が気になっていたところ。シーズン2ではアップスタイルになり、以前よりもセクシーさが増したように思います。


【第2話「招かれざる客」】
さて今週放送の「招かれざる客」ですが、出てくるのは3組(一人は単身)の困ったお客様
サッカー選手のチームと、地球の滅亡を信じるカルト集団、そして許されざる過去を持つ男。
このシリーズ通しての面白い所は、このように一話の中で複数のストーリーが進行する所だと思います。
あっちでトラブルがと思ったら今度はこっち、そんな問題をドタバタと解決していくスタッフ達。

今回は「招かれざる」故に問題も多い宿泊客達ばかり、特に一番の頭痛の種、サッカー選手たちの奔放な振る舞いはスタッフ全員に怒りの炎を上げさせます。

最終的には追い出すのですが、トドメの刺し方が何とも陰湿(笑)しかし爽快。
ただ、下手をすると食中毒でホテル側が訴えられないか?と言う心配もあるやり方でした。


細かいところは置いておいて、私はこのホテル・バビロンのスタッフ達の持つホテル、そして(善良な)宿泊客を守ろうと言う正義感、行動力、そしてチームワークが好きです。
そして支配人のレベッカ、あんな上司の下で働きたいと思ってしまいます。
スタッフ達があれこれやっている時は大丈夫かしらとハラハラするのですが、レベッカが出てきた途端何だか安心してしまう私がいます(笑)
状況を見極め、最善最速な方法で場を納める。そしてもちろんスタッフの意思を尊重する事を忘れない。


エンターテイメントとしての面白さはもちろんの事、プライドを持って働く、布いてはプライドを持って生きるとは、と色々と考えさせられます。



<<他の記事を読んでみる>>

コメント

About



ここは管理人Yukiの好きな物をキロクしていくブログです。
インテリア・アロマ・ファッション・デザイン・本等々。

このサイトについて






◇スキなモノ販売店(amazon)

New Article

Search

Counter