忍者ブログ

ドタバタラブコメディ、『殿方ご免遊ばせ』

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ドタバタラブコメディ、『殿方ご免遊ばせ』


先日Gyao!で観た映画、『殿方ご免遊ばせ』の感想です。


少し古めかしいアイコンが気になり視聴。
1957年公開なので、もう60年近く前の映画です・・・びっくり。
しかしそんな時代の流れ等感じさせないストーリー・人物・雰囲気となっていて見応え満点です。
正直最近の映画よりも面白いのでは?とも思ってしまったり。

主人公のブリジットを演じる同名の役者ブリジット・バルドー、お顔は何となく拝見した事があったのですが、演技を観るのはこれが初めてです。
小悪魔的な愛らしさがとっても魅力的です。
彼女に振り回されながらもまんざらでもないプレイボーイのミシェル、ブリジットと結婚し、愛情はありながらも他の女性との関係を断ち切れずブリジットをやきもきさせます。
そしてあてつけに浮気に走るブリジット、お相手は女王の夫君シャルル大公
最初はこのシャルル大公は節度のある男性かと思い、そんな生真面目な男をブリジットが遊び半分ながらも本気で愛し始めてしまう・・・と言うストーリーかと思っていたのに大公も案外乗り気でちょっとショックを受けました(笑)
やっぱり男ってそんなものかしら(笑)

まぁ基本的に始終コメディなので、ブリジットとミシェルの恋だって怪しいものですが(笑)、あの二人は喧嘩をしながら愛を確認していくのだろうなと思います。


また、話は変わってブリジットの抜群のスタイル・ファッションも見逃せません。

しかし、60年前ってとても昔!と思いますし実際そうですが、こうやって昔の人々の生活(彼らは裕福層ですが)を見てみると今とそんなに変わらない、と言うか今よりもセンスの良い物が多いんじゃない?と思ってしまいます。好みの問題かもしれませんが。
もちろん機器類の進化はすさまじい物ですが、基本的な所は変わらないと言うか。
大公の部屋(だったかな)に置いてあった赤い傘のデスクランプがとても欲しくてたまりません。

他にもブリジットバルドーの作品がいくつかGyao!で観れるようなので観てみようと思います。


それとDVDを調べた所、これを見つけたのですが

※amazonに飛びます

森本美由紀さんが手がけたジャケットイラストのようです。
他のブリジット・バルドーの作品のジャケットも手がけてるようです。
森本さんのイラストは憧れなので、集めたくなってしまいました*

<<他の記事を読んでみる>>

コメント

About



ここは管理人Yukiの好きな物をキロクしていくブログです。
インテリア・アロマ・ファッション・デザイン・本等々。

このサイトについて






◇スキなモノ販売店(amazon)

New Article

Search

Counter